最後の晴れ舞台

葬儀は故人にとって人生最後の晴れ舞台です。だからこそ、故人のことを思いやった葬儀を執り行う必要がありますよ。

人気の高い葬儀形式の種類を紹介!

火葬祭

火葬祭は、告別式やお通夜を行なわない葬儀の形式です。また、親族や家族のみで執り行う場合が多いので、会場が広くなくて良いんですよ。そのため、費用が抑えられるのが特徴です。亡くなってから納骨までの時間が短いので、精神・体力的な負担が軽減できますよ。

福祉葬

生活保護受給者が利用できるのが福祉葬です。そのため、昔から絶えず需要があります。ですが、事前に市役所の生活福祉課に申請を出していないと利用できないで注意が必要ですよ。

一般葬

お通夜や告別式などを行なうのが一般葬の特徴ともいえるでしょう。埼玉に限らず全国各地にある葬儀会社が提供しているので、サービスの内容が多岐に渡っています。

社葬

社葬は、とても規模の大きい葬儀です。大きな葬儀場を利用して、社員を弔うのが特徴です。ですが、対応してくれる葬儀会社が少ないようです。また、社員の親族の中には社葬を拒否する場合も少なくないようです。

葬儀の手続きをスムーズに進めよう【豆知識を紹介中】

花

あまり知られていない制度

生活保護受給者は、貯金ができないため葬儀のための費用は残せません。そのため、葬儀を執り行う時の費用に悩む人が多いです。ですが、故人が生活保護受給者の場合は国から葬儀費用を扶助してもらえます。そのため、お金の心配がいらないですよ。ですが、事前に住んでいる地域の福祉事務所へ葬祭扶助の申請を出さないといけないので注意しておきましょう。

ちょっとした注意が必要

女性の中には、ネイルを好んでやっている人も多いでしょう。そのときに注意するべきなのが、葬儀をするときの手元です。葬儀の準備に追われてネイルを落とす時間が無いことも多いでしょう。ですが、葬儀の場で華やかな色のネイルは不謹慎です。そんなときのために、ベージュカラーのネイルを用意しておきましょう。それを上から塗ることで誤魔化せますよ。また、あらかじめ黒の手袋を常備しておくものお勧めです。爪を簡単に隠せますよ。

終活をする上で大切なこと

終活をしている人の中には、親族がいない人もいます。そんな人が終活をする上で必要なのは、知人や友人などに喪主の代理を頼んでおくことです。そうしておくことで、葬儀の手続きをスムーズに進めてもらえますよ。また、事前に喪主の代理人を指定して遺産が使用できるようにする法的手続きをしておきましょう。それをしていることで相手に葬儀代を負担させる心配がありませんよ。

故人を思いやることが大切

故人との別れをしっかりと行なうためにも、前々から葬儀の準備を初めておく必要があります。また、人はいつどんな場面で亡くなってしまうか分かりません。そのため、急に葬儀の準備をする場合に備えて、信仰している宗教などの情報を聞いておくのが最適です。

[PR]
東京の葬儀会社を厳選紹介
質の高いサービスを提供してくれる

広告募集中